イガイガの丹沢放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 姿を変えた世附の大棚

<<   作成日時 : 2011/08/14 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 16

画像

丹沢随一の水量を誇る世附の大棚は、昨年秋に世附を襲った未曾有の集中豪雨以降、大きく姿を変えた。
そのことは話しに聞いて知ってはいたが、どこからアプローチしても長い林道歩きの大棚見物、なかなか訪れるチャンスがなく、その後の大棚は観ていない。
今回、ヒョンなことから、リハビリ山歩きの話が持ち上がり、花立小僧さんとmassyさんと一緒に、急きょ世附の大棚見物をすることになった。

                                            ■トップ写真/迫力を増した世附の大棚
三国峠[7:45]…三国林道[7:46]…火燃峠(ひもしとうげ)[9:02]…丸尾山[9:25]…橡ノ丸(とちのまる)1007.4m[9:52]…P918m[10:28]…水ノ木幹線林道[11:29]…大棚[11:47/12:30]…水ノ木幹線林道[12:37]…大棚橋[13:19]…丸尾橋[13:19]…日向沢橋[13:46]…四ノ沢橋[14:01]…三ノ沢橋[14:11]…二ノ沢橋[14:25]…壱之沢橋[14:44]…明神峠[15:00/15:04]…三国峠[15:50]  【歩行距離19.7km】


丹沢復帰を果たした檜洞丸からの帰り、M−Kさんの入院先を訪ねると花立小僧さんとmassyさんたちもちょうど見舞いに訪れたところだった。
当然このメンツがそろえば丹沢話しで盛り上がり、知らず知らずに3時間、M−Kさんと別れたあとも居酒屋に席を移して盛り上がり、酒飲み話しから急きょの大棚行きが決まった。
そうと決まれば早々に角瓶一本飲み干して店を切りあげ、翌日に備えて解散である。
翌朝は、全員スッキリ二日酔いもなく集合、一路出発地点の三国峠にむかった。

峠を下ればもう山中湖という三国峠まではちょっと遠いが、それでも1時間40分ほどで到着した。
支度を終え出発、固く閉ざされた三国林道のゲートをすり抜けて中に入ると路面には無数の工事車両のタイヤ痕が残っている。10分ほど進んでいくと、先を歩いていた花立小僧さんが何やら叫んで立ち止まっている。
近づいてみると林道はザックリえぐり取られて赤土むき出し、道路の際も歩けない。
山側に工事用の巻き道があるので、護岸の石垣をハシゴで登って崩落を見下ろしながらスリリングに通過していく。
この巻き道がなかったら越えるのは大変である。
画像画像
 ■大きく崩れ落ちた三国林道                   ■崩落地を見下ろす巻き道

三国林道は1100m辺りの山腹をほとんど変わらずにトラバースしていく非舗装の林道で、土の路面は足にやさしくリハビリ山歩きには最適。何となくのんびりムードの癒し系だが、ところどころ谷側の路肩が崩れ落ちていたり、山側からガレが押し出されていたりと、昨年の豪雨の爪跡が残っている。画像画像
 ■癒し系の三国林道                         ■ところどころ路肩が崩落

三ノ沢の源頭付近で林道は大きく東に回り込んでいくと、切通峠からの尾根が近づき火燃峠(ひもしとうげ)で合流する。このあたりは高圧線が錯綜していて鉄塔巡視路も多く、鉄塔巡りマニアのテッちゃん花立小僧さんは写真を撮るのに余念がない。

1068mピーク南側を巻くように続く林道は先で二俣になるが、ここは左に進んでいくとプロムナードのような雰囲気の良い尾根道が続く。
画像画像
 ■火燃峠(ひもしとうげ)付近                    ■花道のような丸尾山につづく尾根道

丸尾山で道はピークを避け北側を巻いているが、ピークハンターの花立小僧さんは山頂を踏むため寄り道、massyさんはエコ登山でそのまま林道を進んでいく。
ここはお付き合いで丸尾山へ、「鳥獣保護区」の赤い立て札だけが目立つ変哲のないピークだ。
画像画像
 ■何の変哲もない丸尾山                      ■massyさん立派な鹿ツノをGet!

918mのピークへの手前で、massyさんが対で落ちていた立派な鹿のツノをゲットした。
ザックにデコレートしてお持ち帰り、見かけはカッコよいが頭に刺さりそうだし木には引っかかるしでじゃまらしい。

918mピークからは道がない。
どこを下りても最後は林道に着くのだがなるべくラクな場所に下りたい。
しっかりRFして地形を読んだつもりでも、地形図では読み切れない細かい分岐が多く知らずにズレてくる。
軌道修正を繰り返しながら足にやさしくない斜面を下って、泣きそうになりながら林道に降り立った。
道がないのはわかっていたが、これじゃ完全なバリエーションルート…、きょうはリハビリ山歩きのはずだったんだけど…
画像画像
 ■何度もRFするがわかりづらい                  ■何とか無事、林道に降り立った

林道を歩いて大棚に向かう。
大棚橋の分岐をすぎ、大棚の落ち口付近を上から覗き込んでから先頭を切って大棚に下りていくと、あきらかに樹間から垣間見える水の流れは以前と違う流れだ。
大棚の正面に立つと、あまりの迫力に思わず歓声をあげてしまった。
画像
左の写真は2005年頃の大棚の姿だ。
一目瞭然で、トップに掲げた大棚の写真とはあきらかに違うことがわかると思う。
この頃は向かって右側の大きな流れと、左に回り込んで流れ落ちる半分隠れた流れと、大きく二つの流れの滝だった。現在の大棚はというと、右の大きな流れはほぼそのままだが、左の流れが少し小さくなり、そのかわりに中央の岩を乗り越えて、全体から溢れ出るような大迫力の滝に変身している。
もっとも、昭和30年代の大棚の写真を見てみると、現在と同じように中央から溢れ出る流れをしていたようなので、変身したというよりは元の姿に戻ったというほうが正しいのかもしれない。落ち口周辺の岩が、豪雨の濁流で動かされ、流れが大きく変わったのだろう。
昨年の豪雨以降、世附の山を歩くと驚くことばかりだ。林道を歩けば崩落と土砂崩れでズタズタ、沢に入れば流木の山で沢はふさがり、岸は削られボロボロ、滝の形も変えてしまった。あらためてこのとき降った雨が凄まじかったことを実感する。
 ■2005年頃の大棚

たっぷり大棚を堪能させてもらい、休憩をとったら帰りのルートの確認だが、今のこの足の状態じゃ明神峠まで林道歩きで、そこからは静岡県道147号を歩いて三国峠に戻るしかない。いささか不本意ではあるが仕方がない。
画像
ここからの林道歩きが長い。
いくら歩いても標高が上がらず、だらだら続く林道は正直少し飽きてくる。
おまけに連チャンの山歩きで左足の調子もあやしくなってきた。

丸尾沢、日向沢、四ノ沢、三ノ沢、二ノ沢、一ノ沢と通過するたび橋の名前を確認しながら気を紛らわす。
そして最後になって一気に標高をかせぐ明神峠までの急坂、これがまたこたえる。頑張って、頑張って登ってやっとこさ明神峠に着いた。
画像
明神峠に着いたら何となくホッとしたがとんだ勘違い、ここから三国峠までが本日一番つらく感じた。

抑揚なく登っていく坂道は車のエンジンだって悲鳴をあげる上り坂。車をよけながら道の端っこをちっちゃくなって歩き、やっとピークを越えて下り坂になってもまだまだ先は長い。期待をもってカーブを曲がるたび、目的地は先でガッカリ。

そんな繰り返しで車に戻ってきたときはみんなヘ〜ロヘロ。
リハビリの山歩きのはずが、まるで強行軍だ。

なにはともあれ、左足も頑張ってくれて何とか無事に戻ってきたがちょっと歩きすぎ、こんなこと主治医にバレたらた〜いへん。よい子のホネオリ仲間の皆さんは決してマネをしないようお願いいたします。

花立小僧さん、massyさん、スパルタ式リハビリ山歩き、誠にありがとうございました。
お陰さまで左足は腫れ、両足筋肉痛です。
2011.8.14(日)

《今回のルート図》国土地理院1/25000改

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
イガイガさん、はじめまして。
まーちゃんからケガの件はお話を伺ったばかりです。お大事にしてください。
大棚の滝の様子と道の崩壊、すごいですね。
8/14は、私も三国峠を通過して、林道の方の様子も覗きました。切通峠からの道も、台風の影響で大崩れしているとは思えない、穏やかな様子でしたが、皆さんのレポ見ないと実際の様子はわからないですね。
三国峠で写真を撮ったんですが、駐車している車も何台か写っていましたが、その中にイガイガさんの車もあったりして…
den
2011/08/18 16:07
denさんはじめまして。
ですが、お名前は他ブログのコメント欄でお見かけして存じております。

三国林道は確かに穏やかなよい林道ですが、いたるところ崩れてます。
だいたい、ゲートは「立入禁止」なんですよね

行きも帰りも駐車スペースに他の車はなかったですが、一番山中湖よりに止めてましたよ。
イガイガ
2011/08/18 18:06
檜洞丸と合わせてお疲れ様でした。
また想像以上の回復力で、山歩き再開おめでとうございます。
大棚すっごいですね。これぞまさに「大棚」といった姿です。
昔の山と渓谷社のガイドブックの表紙にある大棚そのものですね。
初めて表紙を見たとき(小学生)、どこの滝だろうと思ったものでした。
それが世附大棚とわかった後も、ここ数年の大棚と姿が違い何となく寂しい思いをしていました。
台風や豪雨で崩壊してしまう所もありますが、このように生き返る場所もあるのですね。
写真のアップありがとうございました。
レガー
2011/08/18 22:07
これぞまさしく“大棚”って感じで、大迫力です。
周辺に風があるわけではないのにここだけ瀑風がすごく、しぶきでレンズが濡れ写真が霞みます。

金山谷F2のように埋まってなくなってしまった滝や、同じく金山谷の奥魚止滝や岩水沢F3のように流れが貧弱になった滝を見るとがっかりしますが、蘇った滝はうれしいです。
以前の大棚も悪くはないですけどね。
イガイガ
2011/08/18 23:14
大棚、素晴らしい滝ですね。
車のない私には世附奥地の山行は高嶺の花です。

それにしても、素晴らしいイガイガさんの回復力。
リハビリ山行に驚いています。

暑さに弱い私は、この暑さで夏風邪を引き、すっかり体調を崩してしまいました。
気持ちも萎えてしまって、山へ行く元気もないこの頃です。
yamajinn
2011/08/19 08:44
世附の山々は、登山地図ではほとんど情報が記入されていない空白地帯。
それだけにバリルート・ファンにはたまらないエリアではありますが、たしかに車がないと不便なところですね。でも、車があっても周回ルートが取りにくいのでけっこう大変ですよ。

きょうを境に少しは涼しくなりそうです。
yamajinnさんの脚力なら、車ナシのハンデなんてなんのその、体調が戻ったら大棚見物も挑戦してみてください。
イガイガ
2011/08/19 09:50
イガイガさん、どうも先週はお世話さまでした。
水ノ木橋から大棚まで、少しの距離が抜けてますが、世附から明神峠までの林道を歩いたことになり、オフロードバイクに乗っていた頃の夢がかないました。まさか歩いて通ることになるとは思ってませんでしたが(^^;。明神峠から三国峠はホントにキツかったですね。私も車を出して明神峠に置いておけばよかったと後悔しました。またよろしくお願いします。
massy
2011/08/20 19:41
次の日、靴を履いたら左足がキツイ。
ん?と思ってよくみたらナント足首が腫れてる
ヤバッ、と思いましたが、二日間しっかりクールダウンしたら治りました

それにしても、あんなに車道歩きがキツイとは思いませんでしたよ。
どうせ戻ってくるんだから、明神峠で待っててもらってもよかったんですけどね。
イガイガ
2011/08/20 21:23
こんにちわ。
いやいや、めっちゃハードですね〜
僕は昨日世附の山をひと登りで疲れて帰ってきました^^;
足は大丈夫でしょうか?
tetuJA11
2011/08/21 15:10
tetuさんもいよいよ世附に進出ですね、楽しみです。

ちょっとオーバーワークぎみでしたが怖がってジッとしていても始まらない。いずれ越えなければならない試練ですからね。
イガイガ
2011/08/21 18:52
イガイガさん
先日は、お疲れ様でした。
明日、火曜日の検査結果の朗報を祈念致します。
それを肴に、また一杯お願いします。
花立小僧
2011/08/22 21:37
花立小僧さん
本日の最後の審判、ビクビクもんでしたが無罪放免です
骨折箇所は順調についてきているが、できた骨はまだ薄いのでくれぐれも捻らないようにと厳重注意、ドキッ
一ヵ月後にワルサしてないか、確認のX線写真撮って終わりそうです
イガイガ
2011/08/23 10:59
イガイガさん
昨日は、酔っ払いながら書いてしまい、コメントが全く日本語になっておりませんでした。申し訳ありません。
この度は、おめでとうございます。
ですが、本当に無罪放免ですか?
まだ執行猶予の身では?
1ヵ月後が最終判決では?
ご自愛の程お祈り申し上げます。
花立小僧
2011/08/23 22:44
昨日で最後でもよかったのですが、無罪放免だとヤンチャしそうなので、自分が安心できるよう、最後にもう一回だけ診察をお願いした次第です。
ご心配ありがとうございます。
イガイガ
2011/08/24 06:15
イガイガさん、ご無沙汰です
随分長距離歩ける様になったようで一安心ですね
でも、油断は禁物!!
思わぬ所で・・グキ・・気を付けて下さい

ところで、話は変わりますが・・・m(_ _;)m ゴメン!!
今まで気なっていたブログ表紙の滝
一体何処の滝かとずーっと気になっていましたが
ようやく疑問が解けました・・(⌒-⌒)ニコニコ...

MASAHIKO
2011/08/25 19:23
ご忠告どうもです、調子に乗らないよう注意しま〜す(-_-;)ホントカ・・・オイ

表紙の滝は、気分一新で療養中ひそかに写真を変えました。前と違うんですよ、気がつきました?
以前の滝はあまりにマニアックすぎて、ゼフィルスさんでもどこの滝だかわからなかったと思います。(金山谷との分岐をすぎて最初にある、どうってことないの仏谷の小滝)
今度の滝は丹沢に精通してくれば「ああ、あそこだ」ってわかると思いますよ。

MASAHIKOさんも立派な丹沢マニアです☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!
イガイガ
2011/08/25 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
姿を変えた世附の大棚 イガイガの丹沢放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる