アクセスカウンタ

<<  2016年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
平石沢右俣
平石沢右俣 平石沢の右俣は、9年前に一度歩いているが、途中でクマに出遭ったこと以外、あまり沢の中の様子は覚えていない。いずれにせよ、短い沢なので、短時間で遊ぶにはよいだろうと、前夜の酒の勢いに、酔った流れで安請け合い。花立小僧さんと、二日酔い覚ましの沢遊びである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/26 23:00
“フネノ平”を探る
“フネノ平”を探る 吉田喜久治さんの「丹澤記」を読んでいると、ときどき知らない地名や呼称がでてくることがある。変遷で一般的ではなくなった呼び名のこともあるが、土地訛りの呼称だったり、別称だったりと、調べても分からないこともある。“フネノ平”もそんな中の一つ、 神ノ川の近くらしいのだが、正確な場所が分からない。気になりだすとほっとけない性分は相変わらず。丹澤記の記述をもとに、自分なりの勝手な推理と推測で、フネノ平の場所を特定してみることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2016/06/18 23:00
光岩沢
光岩沢 10年ぐらい前、神ノ川上流域の沢で遊んだ帰り道、神ノ川林道の対岸に滝の流れを見つけ寄り道したことがあった。ちっぽけな沢で、出合の連瀑を眺めただけだったが、今になるとその奥も気になる。あれはいったいどこの沢だったのか、記憶をたどってみるとどうやら採石場の河原から風巻ノ頭に突き上げている小沢のようである。当然名前などないだろうと思っていたら、“光岩沢”という名があり、この何かを期待してしまう沢名にも引かれ、あらためて訪れてみることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2016/06/11 23:00
社宮司沢
社宮司沢 エビラ沢のすぐ東隣に位置する社宮司沢。いままで、先達の記録を読んだだけで面白味の少ない沢と決めつけ訪れていなかったが、やはり、食わず嫌いのままでは味が分からない。甘いか、苦いか、しょっぱいか、実感してみることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2016/06/08 23:00
エビラ沢リベンジ
エビラ沢リベンジ 不完全燃焼で終わってしまった先日のエビラ沢。7年前に比べて、体力は確実に落ちているとはいえ、未熟だったあの当時に完歩できて、なぜ今回はできなかったのか… 思い返せば、登れる滝も登らず、巻き道ルートは見誤り、おまけに、帰り道では径路を見失ってばかりの体たらく、すべての判断が甘かった。 逃げ帰ってきたのは仕方がないが、どうにも納得できず、さっそくリベンジ決行である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/02 23:00

<<  2016年6月のブログ記事  >> 

トップへ

イガイガの丹沢放浪記 2016年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる