イガイガの丹沢放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017初歩きは札掛考証林から大山参り

<<   作成日時 : 2017/01/03 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

2017年初歩きはどこにしようか、年の初めからハードなことは避け、札掛考証林の巨樹たちを巡り、大山北尾根を登って大山参りをすることにした。
大山は人が多くて苦手だけど、正月は我慢してみるかということで、はっぴーさんと初山歩きである。

札掛[7:12]…考証林…一ノ沢峠[8:37]…大山北尾根…大山[12:18/13:03]…地獄沢左岸尾根[13:10]…地獄沢橋[14:28]…札掛[14:53]


札掛から県道70号の対岸、布川右岸沿いにつづく散策路をすすみ、
モミの巨木やスギ、ケヤキなどが原生する札掛考証林へ。

そもそも考証林とはなんぞや?という方のため、案内板の解説文を引用してみます。
「かながわの美林50選」にも選ばれた「丹沢札掛のモミ林.考証林(面積39ha)は県有財産になった昭和6年(1931年)当時から、風致維持を目的とした「施業制限林」に指定されており、伐採に制限があったようです。第2次世界大戦中、当時の南条完二林務課長に帝国陸軍から軍需資材用として伐採需要がありましたが、「丹沢の森林に関する学術考証に欠かせない貴重なもの」という主張のもとこれを拒否したということが「考証林」といわれる所以になったようです。

写真は、二ノ沢右岸の斜面にそびえ立つトチノキ。
大きさが伝えにくいので、比較のため下に立ってみましたが、それでも迫力は伝わりませんね。

画像画像

こちら、左が大ケヤキ、右は大モミです。
“タバコ”役の、はっぴーさんと大きさを比較してみてください。

画像画像

画像巨木が好きで抱きついているわけではありません。
両手を広げた幅はほぼ身長と同じ
かかえて幹周りを測ってみました。

結果は、およそ二抱(かかえ)半
イガイガの身長が180cmなので、180cm+180cm+90cm
ということで約450cmのモミの木です。
見た目より太かった。

“タバコ”役はイガイガ、しっかり根を張ったなかなかのスギです。
樹齢300〜400年ってとこかな。

画像

やはり御料林時代から守られてきた森だけあって、巨樹たちのパワーが凄い。
一ノ沢峠から大山に向かう途中もモミの巨木が点在していて一帯がパワースポットだ。

樹木の同定を楽しみながら、長い大山北尾根を暖かい陽光を浴びて大山へ。
山頂レーダー施設裏の金網を脚立で越えると、今までの静寂とはうってかわって、まるで街中のような喧騒だ。

とりあえずお参りをすませ、山頂を一周しながら人波が途切れた一瞬をとらえてパシャリ
こんなだったら落ち着くのにな…

もちろん正月の大山が、こんなワケありません。
画像

山頂はご覧のとおり
やっぱりオレにはムリだ 
画像

人目を避けた端っこで昼メシ食ったら、そそくさと静かな北尾根に逃げ帰ります。
画像

そして下山路は、地獄沢左岸のモノレール尾根。
画像

下降口には下山はコチラといわんばかりの立て札はあるし、眺めはよいし
少々急ではあるが、モノレール軌道をたどっていけば、必然的に地獄沢橋にたどり着くよい尾根だ。

よい天気にめぐまれ、のんびりモードの初山歩き
今回めずらしく珍事はありませんでしたが
はっぴーイガイガ膝栗毛、今年いったい、どんな珍道中になることやら・・・


 2017.1.3(火)

 《今回のルート図》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イガイガさん
3日は、僕も大山北尾根を歩いていました。山頂到着が13:40頃・・・もう少し早く歩いていれば、イガイガさん達におあいできたのに〜と残念しきりです。
考証林の意味、初めて知りました。なるほど、巨木が多いわけがわかりました。
今年もよろしくお願いします!
shiro
2017/01/08 16:25
きょうあたりshiroさんが来てるかも、なんて話ながら歩いていました。
帰りに地獄沢の左岸尾根をくだってなかったら、ネクタイ尾根の下降口あたりでバッタリだったかもしれませんね。
残念でしたが、この微妙なズレをあとから知るのもけっこう楽しみです。

今年もよろしくお願いします。
イガイガ
2017/01/08 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017初歩きは札掛考証林から大山参り イガイガの丹沢放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる