イガイガの丹沢放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS セドノ沢左俣大日鉱山 周辺探索

<<   作成日時 : 2017/01/14 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像

トップの写真は試掘の坑道内からトンチンカンを撮った写真です。
山歩きといっても景色のいいところを歩くわけでもなく、ひとっところをウロチョロするだけ
色けのない写真ばかり、やっぱり使う写真はみな同じだね。被写体はそれぞれ違うけど(笑)

戸沢出合[7:25]…書策新道…本谷沢F2へ下降[8:10]…セドノ沢へトラバース[8:15]…セドノ沢右俣左俣分界尾根登攀[8:25]…書策新道に合流[10:10]…セドノ沢左俣へ下降[10:20]…大日鉱山跡周辺探索…ホソノノ尾根(木ノ又尾根)[11:55/12:15]…木ノ又小屋で至福のコーヒー[13:10/13:40]…表尾根…政次郎尾根下降[14:07]…戸沢出合[15:03]


トン吉、チン平、カン子こと、M氏、レガーさん、はっぴーさん、
人呼んでトンチンカントリオの恒例山行にプンプンおやじも参画、
勝手に名付けてトンチンカンプンカルテット。

本日のメイン課題は、地味な坑道探索。
知る人ぞ知るセドノ沢左俣の大日鉱山跡周辺の知られざる坑道探しです。

秦野戸川公園の風の吊橋下に集合し、悪路の戸川林道をМ号でラクして戸沢出合へ。
支度を終えたら水無川本谷沿いの書策新道を進み、本谷F2の落口に直接下降する。

画像

F2の左岸に取り付きセドノ沢へトラバース。
このアングルから見るセドノ沢F2は新鮮、
落口右岸に、壊れた石積堰堤の残痕があることに、今回初めて気がついた。

画像

ここで、セドノ沢右俣と左俣の分界尾根に取り付き登攀開始。
もちろん、目的の大日鉱山に行くだけなら書策新道をそのままたどっていけばよいのだが、
元より偏屈な連中の集まりなので、行きがけの駄賃で未知尾根も一本ゲット、
なかなかよい尾根でした。
って、よい尾根の定義は人それぞれなのでアシカラズ。

画像

振り返れば秦野盆地に足柄平野、箱根の山は雪雲に覆われている。

標高があがるにつけ徐々に雪が増えてきた。
ふと気がつくと、人の足跡が上から続き谷あいに向かって降りている。
どうやら降雪後に、表尾根から書策新道を下ろうとした人がいたらしく
深い雪に道を見失い、この尾根に迷い込んだようだ。
無事に帰れたのかな・・・

書策新道に合流したところでふたたびセドノ沢左俣まで下降する。

画像

丹沢マニアには知られた湧水したたる坑道跡、
これが目から涙に見えるか、鼻水たらしているように見えるかはその人しだい。

立ち寄ったあとは左俣の左俣へ。
ここの滝が意外と難モノで越えられそうで越えられない。
水浴び覚悟で越える季節じゃないし、長靴の三人はいいけれど、
こちとらハイパーV忍ですからね、しみてくるのよ。

右下写真の穴はチョット危なげなところにあった坑道口
入口が半分埋まっていて入れないが奥はかなり深そうだ。

画像

坑道口があるということは通った鉱山道もあったはず。
M氏がここは径路だと言い張る怪しげなところをトラバースしてホソノノ尾根に合流、
ここでようやく緊張を解く。

時々雪が舞い、雪雲もせまってきそうなのでそろそろ退却
スネまでズボズボはまりながら、誰も歩いた痕跡のないホソノノ尾根を登って木ノ又小屋へ。
常に最後尾だったので、あんまりエラそうなことは言えませんがね。
交替でトップを引いてくれたお三方

画像

じっとこちらを見る背の高い人影…
おっ外人さん「ヘロ〜
「コニチワ〜、コッチユキフカイデスカ〜?」だって。

画像木ノ又小屋にてコーヒーブレイク。
当ブログでこんなマッタリ写真、
めったにお目にかかれませんね。

はっぴーさん、ゴチになりました。


下山はおとなしく表尾根から政次郎尾根を下って戸沢出合へ向かう。
きょうは登山者も少なく、メジャーな尾根道もほとんど人が歩いていない。
心配していた雪に降られることなく無事戻ってこられた。

別に金鉱掘り当てようとか、宝物をみつけようなんて邪心があるわけではなく
ただ穴を見つけて喜ぶだけ、ナニが面白いのと言われてしまえばそれまでです。
苦労してみつけだし、当時の様子を思い描いて勝手な推測や想像をめぐらす、それが楽しいのです。
そしてそこから、次なる課題につながるのだから、探索マニアはまだまだやめられませんね。

 2017.1.14(土)

 《今回のルート図》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
久々の「トンチンカンプンカルテット」のウロウロ、
変化に富んでいて楽しかったですね。

ところで、右下写真の穴を私も載せましたが
記憶が飛んでいます。
ちょっと危なげなところ、というと
やはりズーム撮影だったでしょうか?
はっぴー
2017/01/17 21:26
だいぶトンチンカンになっているようですね。
この穴は、左俣の左俣の滝が越えられず、あきらめて最後に登ったザレザレルンゼにあった穴だったと思いますよ。
ズームで撮った穴は、セドノ沢左俣右俣界尾根に取り付いてすぐ、トン吉チン平が左俣の右岸に穴らしいのを見つけて撮ったもので、今回は立ち寄らず、次なる課題の穴です。
イガイガ
2017/01/17 22:45
ご教示、ありがとうございます。
写真の順番から考えて、滝の巻きとロープ渡りの間。
ただ、穴なのでチョット撮っておこうくらいの気持ちで、
よく覚えていません。何しろ穴が多かったもので(笑)

レガーさんから拝借のズーム撮影の穴は、
よーく記憶に残っています

はっぴー
2017/01/18 00:12
ありがとうございました。
背戸ノ沢界隈は、表の秘境ですね。
ウロウロすると、余計にそう思います。

今回も次回に繋がる課題が見つかりましたね。
とても山登りと言える歩き方ではありませんでしたが、
周回の形を考えてのルート取り、何とか円形になりました(^^)
またの機会によろしくお願い致します。
レガー
2017/01/24 22:49
竜宮城からお帰りなさい。
縛られずに過ごした時間、取り戻すのが大変そうですね

しょせんは自己満足の山遊びですが、何かにこだわってみるのも楽しいです。
次なる機会がありましたら、またよろしくお願いします。
イガイガ
2017/01/25 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
セドノ沢左俣大日鉱山 周辺探索 イガイガの丹沢放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる