イガイガの丹沢放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 布川散歩

<<   作成日時 : 2017/08/05 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

ヤビツ峠を源にする藤熊川が札掛でタライゴヤ沢と合流して名を変え、さらに北流して本谷川と落ち合い、中津川と名を改めるまでのおよそ4kmの流程の布川を溯ってみた。

布川落合[7:30]…布川遡行…煤ヶ谷布川ダム…堰堤…大洞キャンプ場跡地[8:10]…唐沢林道布川橋下ゴルジュ…物見公園橋…旧札掛発電施設…札掛橋[10:38]…吊り橋…県道70号境橋[11:02]…清川村秦野市境界尾根…大山北尾根913ピ-ク[12:34]…一ノ沢峠[13:22]…布川落合[14:56]

県道70号、この曲がり角が布川落合への下降点。
画像

西から本谷川、南から布川が落ち合って中津川と名を変え、東へ流下する。
画像

布川は、その名のとおり、布を流したような穏やかな流れだ。
平成7年完成「煤ヶ谷布川ダム」と銘板のある堰堤は左岸の魚道から越える。
画像

ほとんど高低差を感じない穏やかな流れが続く。
画像

少し古いこちらの堰堤は名知らず。左岸の岩場を残置トラロープで越える。
画像

大洞沢出合付近の閉鎖されたキャンプ場跡。
バンガローの廃屋や廃材が散乱し、30年前のジムニーが放置されたまま。
画像

深い渓谷となり、ゆるくよどんだ瀞。
画像

碧の水をたたえた淵。
画像

やがて川幅がぐっと狭まりゴルジュとなる。手前の淵は深く股までつかって渡る。
画像

ゴルジュ先の早瀬の奥に瀑音をとどろかせる高い堰堤が見える。
画像

ゴルジュの真上に架かる、唐沢林道の布川橋。
画像

戻って左岸を登り、布川橋から上流側を観る。
画像

札掛考証林入口、物見公園橋付近。
画像

ゴーロになった。
画像

しばらくすると左岸に謎のログハウスが…、窓ガラスは割れ、すでに廃屋のようだ。
中を覗いてみると何やら怪しげな機械が残っている。
画像
画像

実はこの小屋、昭和25年から昭和48年頃まで札掛集落に電気を供給していた発電施設。
それまでは、大正7年に造られた発電所が、藤熊川とタライゴヤ沢の合流地点あたりにあったが、
震災やたびかさなる鉄砲水で流失、その後ここに建てられたものだそうだ。

大きく屈曲したゴルジュの中の堰堤、右岸にある散策径路に上がり越えてから川に戻る。
画像

発電施設の関連物か。
画像

札掛橋をくぐる。
画像

藤熊川とタライゴヤ沢の合流点に架かる“ふだかけ吊橋”布川遡行はここまで。
画像

タライゴヤ沢の出合に、首なしのお地蔵さまがひっそりたたずんでいる。
画像

今は忘れられた存在だが、ここに安置されたのには悲しいいわれがある。
昭和の初め、林道工事のため住み込み飯場生活の工夫が精神的に病んでしまい、
6歳と8歳の子どもを道連れに、現場から盗みだした火薬で自殺を図ったという。
6歳の子は怖くなり、寸でのところで逃げだし助かったが、
8歳の子は父親に抱きかかえられたまま、一緒に爆死してしまったそうだ。
そののち、このことを憂いた工夫たちが金を出し合い、昭和8年に建立されたということである。

吊り橋の県道側にある「道祖神」
画像


わずか4kmにも満たない短い流程の布川、特別何かがあるわけではないしもちろん滝などひとつもない。
しかし、歩いてみれば何かしら新しい発見があるものである。
帰路は、延々と車道を歩くのがイヤで、清川村と秦野市の境界尾根を登って大山北尾根ルートを下ったが、
こっちの方がよっぽどくたびれた。

途中ではあまり見かけなかったヤマビルも、戻ってからヒルチェックしてみると、いるわ、いるわ、
大、中、小、ミニサイズも含めてゴチャゴチャうごめいている。
知らずに家までテイクアウトしたのも10匹はいたので、おそらく50匹ぐらいは忍び込んでいたようだ。
もちろん、セキュリティーレベルは上げてきたので実害はなかったが、当分は油断できない山遊びが続きそうだ。

 2017.8.5(土)

《今回のルート図》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
イ師匠 おつかれさまです。

素晴らしいエンテイ群ですね!
写真を拝見するだけでも冷風が漂ってきます。
夏は丹沢のエンテイのためにあると申しますが、
全く過言ではありませんね!!

ところで
「昭和25年から昭和48年頃まで札掛集落に電気を供給していた発電施設」
これはひょっとして、「丹沢 山暮らし」に出てくる、
中村芳男さんが神奈川新聞の記者さんに借金して
発電機を寄の未亡人から譲り受けて、県に供出してできたという
歴史的発電施設でしょうか??
TI-AEK26
2017/08/11 16:31
群というほど連続じゃなく単発ですけどね。
岩盤にあるのは発電所近くのゴルジュにある堰堤だけで、あとはのっぺり河原の途中にあります。

発電機の元記事は読んでいませんが、中村芳男さんが苦労して多方面に掛け合い、県に陳情してできたものだそうなので、そうだと思います。 昭和48年、東京電力が宮ヶ瀬から電気を引っ張ってくるまで頑張ったようですよ。
イガイガ
2017/08/11 17:30
スズキのジムニーだったんですね!
車には疎いんで三菱のジープかと思ってました('ω')
AY
2017/08/12 06:25
以前、AYさんのブログ記事にも載ってましたね。
もう一台、沢の中に放置されていたのもジムニーでした。
イガイガ
2017/08/12 07:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
布川散歩 イガイガの丹沢放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる