セドノ沢右俣

水無川水系のセドノ沢は何度か訪れているのだが、左俣ばかりで右俣は一回だけ、沢の印象がほとんどなくなってしまったのであらためて訪れてみた。

IGIG2306.jpg

ご存知、水無川本谷F1を左から越えたら右手から出合うセドノ沢へと向かう。沢が左に曲がってナメ斜瀑のセドノ沢F1、水流際を登って越えるとクランク状に曲がり、セドノ沢F2が続く。ここも右側の水流に沿って越えていくと二俣になる。

 セドノ沢F1
IGIG2309.jpg

 セドノ沢F2
IGIG2311.jpg

F1、F2を越えた先で、セドノ沢は左俣と右俣に分かれる。
IGIG2314.jpg

右俣へとすすみ、沢が左に曲がると3m滝を前衛にした8mの右俣のF1が行く手を阻む。ここは前衛3m滝の左手ガレ窪を登り越えていく。

IGIG2319.jpg

右俣F1の上にもう一段続くF2も一緒に巻いてしまってもよいが、やはり下から眺めたい。いったん滝下に降りて見物したら、ふたたび左から巻いて遡行を続ける。

IGIG2322.jpg

6×10m斜瀑は水際がヌメって足を取られそうなので、水流の中を登って越える。
IGIG2332.jpg

上に続く7mは、水流の右から越える。
IGIG2334.jpg

連瀑帯最上部はスダレ状。
IGIG2339.jpg

滝場が終わりゴーロをしばらくいくとセドノ沢右俣大滝。下から見えない一段があり、落差はおよそ35m。
滝下から右手の岩壁に沿って取り付き、木の根を頼りに細尾根を回り込むように登っていく。大滝より高いとこまで登ったら、足元不安定なザレ斜面をトラバースして大滝落口の上流で沢に戻る。

IGIG2349.jpg

 大滝落口
IGIG2358.jpg

大滝の上からは平凡な沢歩きとなり、1000mの二俣は水流のある右に進む。黒い岩壁の滝を左から越えるとその先で水は涸れた。
IGIG2361.jpg

沢筋を登り、適当なところから右岸の細尾根に取り付いて登っていくと、最後は表尾根の政次郎尾根の分岐地点で登山道に飛び出した。
このまま政次郎尾根をくだって帰ることも考えたが、あまりに安直なので、烏尾山まで行き、仲尾根をくだってみることにした。この尾根、歩いた記憶がないので初めてだと思うが、思っていた以上に歩きやすく景色もよい尾根だった。

 表尾根からうっすら富士山
IGIG2373-1.jpg

 仲尾根850m付近
IGIG2376.jpg

《今回のルート図》
20190717.gif
戸沢出合 [7:03]…秦野本谷第2号コンクリート堰堤 [7:18]…水無川本谷…本谷F1 [7:34]…セドノ沢F1 [7:42]…セドノ沢右俣 [7:49]…セドノ沢右俣大滝 [9:20]…大滝落口 [9:55]…政次郎ノ頭 [10:43]…表尾根…烏尾山仲尾根下降口 [11:14]…仲尾根……戸沢出合駐車地 [11:56]


 2019.7.20(土)

この記事へのコメント

  • JPS

    イガイガさん、アップありがとうございます。まさに涼。
    2019年07月27日 11:58
  • イガイガ

    JPSさん、ありがとうございます。
    ウェブリーブログ改悪以降、自分なりにイメージしていたブログが書けずにヤル気を失いましたが、何とか細々と更新していきますので、ヨロシクお願いします。
    2019年07月27日 16:23