甲相国境ぶらり散歩

平地では雨だったが山沿いの高所なら雪になっただろうと、
今シーズン初の雪踏みにでかけてみた。
途中、246から眺める富士山は久しぶりに雪をかぶり裾まで真っ白、
しかし、丹沢の山々をみると上部が少し白いだけでほとんど雪がない。
少々期待外れだが、とりあえず、標高1000mまで車で登れる三国峠へと向かった。

駿河小山に入り明神峠をすぎても積雪なし、
北側の山の陰になってようやく路面が白くなった。
そして三国峠は予想どおり、これなら十分雪踏みが楽しめそうである。

三国峠
100_0318.jpg

朝の鉄砲木ノ頭はガスに覆われ展望なし
100_0327.jpg

真っさらな雪を踏みしめ稜線の林間をいく
100_0332.jpg

着雪した木々も神秘的
100_0342.jpg

雪の花と富士山
100_0358.jpg

高指山から
100_0362-1.jpg

もう少し北の富士岬平から
100_0366.jpg

陽が昇り気温上昇、だいぶ解けてきた
100_0371.jpg

山伏峠分岐を越えて大棚ノ頭へ、きょうはここまで
100_0373.jpg

さっき残してきたトレースを追って三国峠までピストン
100_0376.jpg

帰り道の鉄砲木ノ頭はガスも晴れてスッキリ
100_0381.jpg

きょうも富士山中心になったが、神奈川と山梨の県境から眺める富士山は大きく、
なだらかで均整がとれた山容は実に秀麗で見応えがある。
何度みてもあきることはないし、
観えると得した気分になり、観えないと損した気分になるのはオレだけ?
いや、きっと日本人ならみんなそうだよな。

 2021.01.25(月)
三国峠[7:55]…鉄砲木ノ頭[8:15]…大岩…切通峠[9:20]…高指山[10:00]…富士岬平[10:15]…山伏峠分岐[11:08]…大棚ノ頭[11:15]・・・(ピストン)・・・三国峠[13:55]

《今回のルート図》

この記事へのコメント