ことしは雷木沢から

冬場の沢をからめない山歩きは、
なんだかサビ抜きのスシを食っているようで物足りない。
そろそろ春も近づき、暖かくなってきたこともあり、
今年も沢歩きを再開しようと思い、雷木沢にやってきた。

ここまで来たのに、たいした意味があるわけではないが、
用木沢出合まで車が入ればアプローチもたやすく、
遡行を終了した後も、右岸尾根か左岸尾根をくだってくれば
早帰りも可能なのが理由ってところだろうか。

そんなわけで、白石林道に向かっていると、
路傍に白石林道通行止めの案内表示が立っている。
えっ、ここもかよと思いながら、とりあえず様子を見てみようと進んでいくと、
白石オートキャンプ場までは入れるが、そこで通行止め、
どうやら、その先の橋に大きな穴が空き、車の通行は不可、
それでも、人はなんとか通れるようになっていた。

なるほど納得。
もちろん路肩に迷惑駐車するわけにはいかないので、
西丹沢ビジターセンターまで引き返し、あらためて車を置いて出発した。

100_0602-1.jpg

白石林道のゲートをすぎ、キャンプ場跡地からモロクボ沢沿いに入り、
雷木沢の出合から沢に下りてみると、ほとんど水の流れがなく、
濡れたナメ床が続いているだけといった印象だ。

今年の冬は雨が少なかったことが影響しているのか、
どこへ行っても沢に元気がない。

100_0609.jpg

これじゃ、F1も涸棚になっているかなと心配したが、
かろうじて迫力のない一条の流れが伝い落ちている。
もちろん、過大な期待をしていたわけではないが少々ガッカリ、
F1からしてこれじゃ、この先の棚はもっと期待がうすそうだ。
右からも巻けそうなので、トライしてみようかという衝動にかられたが自重、
多少、大回りにはなるがルートが確実な左から高巻いていく。

100_0614.jpg

つづくスラブのF2
岩盤の直登は避け、おとなしく右から巻いていく。

100_0620.jpg

そして落差30mのF3大棚
少ないながらも水流があったのでひと安心だが、
増水時のような迫力がないので物足りない眺めだ。

100_0636.jpg

ルートが確実な左から高巻き落口をみる。
100_0640.jpg

細々とあった水流も、大棚をすぎるとチョロチョロの流れでほとんど涸れ沢状態だ。
濡れなくすむのはよいけど、テンションは上がらない。

100_0650.jpg

岩の上にあった横顔のオブジェ
100_0652.jpg

沢辺で耐え抜いてきたサワグルミの大木
100_0655.jpg

最後の黒い棚。
このあとは水晶沢ノ頭の稜線めざしてひたすら登っていく。

100_0657.jpg

当初、雷木沢で沢歩きが満喫できたら、
右岸尾根か左岸尾根をくだって早帰りのつもりでいたが、
なんだかモヤモヤが残り、不完全燃焼ぎみだ。
一本、未知尾根でも歩いても、もう少し冒険してみることにした。

東海自然歩道を畦ヶ丸方面に向かい、
1191mシャガクチ丸の手前から南に下って、
モロクボ沢まで続く
キメ岸沢右岸の尾根伝いを歩いてみることにした。
稜線からの下降地点はやや急に思えたが、
すぐに歩きやすい尾根筋になって、
進路を間違いそうな分岐もない。

100_0660.jpg

自然度は高く、境界杭やマーキングはもちろん、
目障りなヒラヒラが全くない、好みの尾根だった。

100_0665.jpg

最後に沢へ軟着陸できるかが課題だったが、
おそらく水晶沢側は崖になっているだろうと思いモロクボ沢側に下降、
読みどおりロープのお世話になることなく、無事モロクボ沢の左岸に降りられた。

モロクボ沢は下らず、少しさかのぼって善六ノタワにつづく越場ノ沢へ入り、
善六山まで登ったら塩地窪ノ頭と焼山を経由して
西丹沢ビジターセンターに戻ることにした。

この沢、昔は峠越えのルートだったので棚はなく歩きやすいが
今は上部が崩落で荒れているので少しめんどくさい。
沢の途中から右岸の尾根にあがり善六山まで登った。

100_0673.jpg

1119m善六山からは、1033m塩地窪ノ頭、849m焼山、
そして西沢出合につづく尾根伝いをたどっていく。
初めて歩くルートではないが、
ボケッとしていて間違えるのはいつものこと、
きょうも一カ所、尾根の分岐を見すごしてバック!

そして、このルートの肝は、最後の最後に西沢出合に降りるところかな。
すぐそこに吊橋が見えているのに降りられないもどかしさ…
ここまで間伐作業用の径路があったのでたどってきたが、
安全に降りられるところにつながっていない。なんでかな…

100_0679.jpg

結局、尾根の末端まで降りて西沢出合に降りるのが一番安全なようだった。
キャンプ場や吊橋から丸見えなのが注目を浴びそうでイヤだがしかたがない。
ザレに足を取られないよう慎重にくだって沢を渡ったら本日の放浪も無事終了。

雷木沢での水不足は少々ガッカリだったが、後半のバリエーションは楽しめた。
おかげで不完全燃焼もすっかり解消、きょうも満足の山遊びでした。

2021.03.07(日)
西丹沢VC[6:46]…県立白石キャンプ場跡地[7:21]…雷木沢出合(やまびこ橋)[7:26]…雷木沢遡行…水晶沢ノ頭[11:04]…シャガクチ丸[11:30]…キメ岸沢右岸尾根下降…モロクボ沢[12:06]…越場ノ沢[12:18]…善六山[12:56]…塩地窪ノ頭…焼山…西沢出合[14:36]…西丹沢VC[14:42]

《今回のルート図》

この記事へのコメント