ヒワタ沢のゴルジュ

トップの写真は、ヒワタ沢ゴルジュの最上段に水を落とす幅広の12m棚。扇ノ滝なんて呼び名もある美滝だが、間近に観るには、ゴルジュを突破しないと望めない棚である。 そして、本日のコラボメンバーは、AYさん、ardbegさん、nenetaさん、それにイガイガのデンジャラス・カルテット。よく言えば個性豊かな4人組なのだが、言い換えれば極悪4人集団、果たして、どんな結末になることやら… 日陰沢…

続きを読む

秦野峠道から山神峠へ

何が面白くて、こんな地味なルートを好んで歩くのでしょうかね… 径路探索マニアの自己満足ってとこでしょうか。 というわけで今回の山遊びは、同類M氏と日陰の古道歩きである。 やどりき大橋[6:05]…杉ノ沢径路…大曲[7:35]…旧秦野峠[9:00]…山神峠への旧径路…山神峠[11:12/11:30]…伊勢沢ノ頭[12:30]…檜岳南東尾根作業径路…やどりき大橋[13:58] やど…

続きを読む

しょっぱかった石小屋沢

今回は、ユーシン奥の石小屋沢へ。過去に何度か歩いているので、問題ないだろうとタカをくくっていたが、予想以上のヌメリに四苦八苦。棚ひとつ越えるだけでも大苦戦、それでも遡行を終えれば達成感、やっぱり沢歩きはやめられない。 やどりき大橋[6:24]…雨山峠[8:06]…雨山橋[8::37]…玄倉川…諸子平…ユーシンロッジ[9:09]…石小屋沢出合[9:48]…石小屋沢…石小屋ノ頭[14日:4…

続きを読む

コガネネコノメソウを探す

柄にもなく、可憐なコガネネコノメソウがトップの画像でいじられそうだが、「神奈川県レッドデータブック生物調査書2006」によると、「絶滅危惧Ⅱ類」に分類され、産地が極限された絶滅の危険が増大している種だそうだ。 花への執着はそれほどでもないが探索ごとは大好き、希少種と聞けばなおさらで探さずにはいられない。 急きょ予定を変更して、コガネネコノメソウ探しに専念することになった。 三国峠[…

続きを読む

玄倉から山神峠、旧径路を廻って仲ノ沢へ

昭和29年に玄倉林道が全線開通するまでは、玄倉と玄倉川の上流域をむすぶ重要なルートだった山神径路。もちろん何度も歩いているが、玄倉から山神峠にむかう旧径路途中に一部あいまいな箇所があり、本来の径路をきちんとたどらないと気がすまない性分としては気になっていた。きょうは、そのあいまい地点のルート確認ともうひとつ、山神峠から大ブナの山腹をからんで玄倉川に下降し、芋ノ沢ノ頭南側鞍部から仲ノ沢林道に至…

続きを読む

大栂周辺古道探索

本日の山遊びは、shiroさん、レガーさん、はっぴーさん、M氏、それにオマケで参加したイガイガの曲者五人衆。 どうしてこの五人が一緒かは、自分でもよく分かっていないので他のメンバーのブログをみてもらうとして、とりあえず課題としたのは、道志から菰釣山に登り、南稜の大ダルミにくだって大栂の西側山腹をからむ径路を探索すること、そして大栂の南側から東の斜面をトラバースする城ヶ尾歩道を検証してみると…

続きを読む

水無川本谷支流“金冷シ沢”

AYさんの声掛けで、はっぴーさん、shiro さんたち4人と水無川本谷支流の金冷シ沢へ行くことになったが、朝方はまだ雨が残りテンションはダウン。しかし、雨雲レーダーを見れば、じきに回復するのは間違いない。集合出発時間を2時間遅らせ、予定どおり金冷シ沢へと向かった。 (写真は、金冷シ沢F1) 戸沢出合[9:14]…水無川本谷(本谷沢)…本谷F5上[11:40]…本谷F6…金冷シ沢(きん…

続きを読む

キュウハ沢のプロペラ探訪

戦中、戦後“魔の空域”といわれた丹沢山塊、なかでも蛭ヶ岳や丹沢山の周辺には日米を問わず幾多の軍用飛行機が眠っているようだ。キュウハ沢に眠るエンジンは有名だが、その上流域の一角にプロペラが落ちているという情報を聞きつけ、急きょM氏とardbegさん、nenetaさんの4人で探訪することになった。 塩水橋[7:00]…本谷林道…キュウハ沢[7:59]…エンジン慰霊碑[8:17]…中流域の埋…

続きを読む

オガラ沢左岸尾根の大ミズナラ

先日の、はっぴーさんとのキュウハ沢右岸尾根での山遊びのとき、案として提示した数本のうちの一本。 選にはもれたがボツにはならず、あらためて訪れることになった。 鍋割峠を越え、オガラ沢左岸尾根を伝って末端ちかくにある大ミズナラを訪ねる企画である。 やどりき大橋[6:20]…雨山峠への登山道…太尾(コシバ沢右岸尾根)[8:37]…1100mピーク[9:20]…鍋割峠[9:30]…オガラ沢…

続きを読む

大山南稜、樹木観察ハイク

はっぴーさんのブログ記事がきっかけでトントン拍子に話がすすみ、AYさんと三人で秦野の権現山から大山南稜を歩くことになった。目的は丹沢にはめずらしい自生の“カゴノキ”に会うこと、そして道すがらの樹木観察である。 周回ルートがとりにくく、単調そうなので今まで行きそびれていた大山南稜、ちょうどよい機会なのだが、飽きずに大山までたどりつけるだろうか。 権現山駐車場[6:45]…権現山[7:0…

続きを読む

西棚ノ沢から鳥ノ胸山再訪

今年の正月、寒いときに訪れた、道志川支流室久保沢のさらに支流の“西棚ノ沢”、癒し系の沢だったので、紅葉の頃にもう一度訪れてみようと思っていたところだ。ちょうど、はっぴーさんからの誘いもあり、覚えかけのカエデの葉っぱの確認もかね、西棚ノ沢を再訪して鳥ノ胸山まで行ってみることにした。 加入道山登山口駐車場[7:10]…西棚ノ沢出合[7:30]…西棚ノ沢…越路林道[8:40]…平指山(ひらざ…

続きを読む

マッコ小屋沢から榛ノ木丸、そして清源寺へ

マッコ小屋沢を詰め、メルヘンチックな清源寺の原にでるつもりが途中で心変わり、750m滝場の右岸から斜面に取り付き、榛ノ木丸へ登ることになった。榛ノ木丸からは尾根伝いを北西に進み、1320m西側の掘割から清源寺を目指してトラバース開始、思っていた以上に順調でうまいことたどりつくことができた。 帰り道は、マッコ小屋沢左岸に続く明瞭な仕事道をたどっていけば迷うことなどないのだが、なんでもない奥野…

続きを読む

女郎小屋沢左岸作業径路探索

2008年8月、М-Kさんの声掛けで始まったニカニカ集会も今回で17回目になるのだそうだ。 今回の開催場所はバリルート好きなら誰しも憧れる女郎小屋ノ頭で、三週間ほど前に下見をかねて訪れたときに歩いた女郎小屋沢出合左岸の作業用径路を,無念にも途中で見失なった。廃路マニアとしては行き先が気になるところだ。集会に参加する前に、この作業径路がどこにどうつながっているのか、検証してみることにした。 …

続きを読む

大ゴリョウ沢と謎の祠

大ゴリョウ沢といってもあまりなじみのない沢の名前だが、早戸大滝に向かう途中、雷平先の左岸に段瀑となって流下している沢といえば分かる人も多いはず。白馬尾根末端の短い沢なのだが、出合からの連瀑はおもしろい。 大ゴリョウ沢で短く遊んだあとは、本谷沢にあるという謎の祠探しが始まった。 魚止橋[7:15]…雷平[8:10]…大ゴリョウ沢[8:30]…右岸径路で白馬尾根[10:20]…雷平[10…

続きを読む

原小屋沢

車利用の山遊び人が、どんどん林道から締め出されていくさ中、長い間、車両通行止めだった早戸川林道が解禁になったらしい。もう、一般車両の通行はできないのではないかとあきらめていただけに、うれしい知らせだ。 そうと聞いては、だまっちゃいられない。さっそく、周辺パトロールに出かけるというМ-Kさんにくっついて、林道の様子見をかね、久しぶりに原小屋沢周辺の散策である。 魚止橋[7:23]…伝道…

続きを読む

切通峠から東丸周回

はっぴーさんとの定例コラボ、今回の課題を聞いてみると、しばらくぶりに東丸へいってみたいとのこと… こりゃまたずいぶん渋いリクエストだけれど、日が短くなってきたこの季節、神奈川県サイドからのアプローチとなると周回ルートが取りにくい。山中湖側から、切通峠を起点に切通沢橋から金山径路にあがって、東丸、水ノ木、大棚と回り、切通沢橋に戻ってルートを交差し、高指山を目指して無限マーク(∞)の周回ルート…

続きを読む

キュウハ沢の遺物探索

丹沢の沢や尾根を勝手気ままに歩きまわっていると、ときどき思いもよらない過去の遺物や遺構にめぐりあうことがある。今年4月、キュウハ沢を遡行していて偶然見つけた飛行機の主脚もそんなひとつ、あらためて探索好きのM氏と訪れてみた。 塩水橋[6:45]…本谷川林道…キュウハ沢[7:35]……水源[10:20]…天王寺尾根[11:45]…1129からキュウハ沢左岸尾根下降[12:13]…本谷川林道…

続きを読む

矢駄沢とシロヤシオ

3月に、定例はっぴーコラボで予定した矢駄沢だったが、当日のあまりの寒さに尻込みして延期になったままだった。5月も半ばとなり、檜洞丸周辺のツツジも今が見頃だろうと、あらためて矢駄沢を訪れ、沢遊びを楽しんだあとは、ツツジ鑑賞に洒落こむことにした。  矢駄沢橋[7:25]…矢駄沢(ヤタ沢)…神ノ川林道下通過[11:30]…ヤタ尾根…熊笹ノ峰[12:50]…檜洞丸[13:40/14:10]…檜…

続きを読む

“熊尾根”

いつもの居酒屋で、昼飲みしているうちに盛り上がり 「久々に、行こう」となった“熊尾根” 8年前、シチミさんが熊に襲われ瀕死の重傷を負った、アカチガ沢右岸尾根のことを仲間うちでこう呼んでいる。「3時にビール」の合言葉はそのままに、急きょ朝遅隊を編成、訪れてみた。 土山峠[7:55]…堤川林道…林道終点から左岸作業径路[8:30]…宮ヶ瀬尾根…ハタチガ沢[9:21]…アカチガ沢出合[9:…

続きを読む

白水沢右岸尾根の大ミズナラ探訪

今回の巨樹探訪は、白水沢上流域のどこかにあるというミズナラの巨木です。 正確な場所が特定できず、見つかるかどうかは分かりませんでしたが運よくご対面、噂にたがわぬ巨樹でした。 三ヶ瀬川・林道西沢線終点[7:40]…ブナ沢乗越[8:15]…甲相国境尾根…中ノ丸南東白石沢右岸尾根下降[9:11]…白石歩道(痕跡程度)…白石沢右岸尾根…大ミズナラ[10:50]…信玄平[12:30]…城ヶ尾山…

続きを読む

戸沢右俣巨樹探索

先回、偶然みつけたハリモミの大木に気を良くしたわけではないのですが、今回はバケモノ沢上流域の沢と尾根をくまなく探訪しているМ氏に相乗りし、戸沢の上流でまだ見ぬ巨樹や古木を探してウロウロオロオロです。 水晶橋[7:18]…浦安峠[8:06]…大界木山登山口[8:14]…甲相国境尾根[8:40]…大界木山[8:52]…大界木山南尾根…戸沢[10:14]…巨樹探索…モロクボ沢ノ頭[13:…

続きを読む

忘れ路を廻って巨樹探索

巨樹に巡りあえそうな、以前から気になっているルートがあるので歩いてみたいという はっぴーさんのリクエストに応えて未知の巨木探訪です。 基本ルートは、はっぴーさんまかせ。もらったルートは「たったこれだけ?」と突っ込みたくなるような短いコースでしたが、探索歩きが時間のかかることは、先日の華厳山4人コラボで実証済み。欲張らず、のんびりモードで巨樹探しすることにしました。  室久保林道…ブナ…

続きを読む

華厳山の古木鑑定団

華厳山の西南の尾根に、なんの木か判らず気になる木があります。日立のコマーシャルソングではありませんが、名前も知らない、見たこともない、不思議な木です。 あるとき一人で訪れてみました。しかし未熟者の薄っぺらな知識ではなんの木か識別できません。なんとしても正体が知りたく、花立小僧さん、AYさん、はっぴーさんたちを誘い、謎の古木の正体解明に鑑定団結成です。 みやがせみち入口[7:14]…み…

続きを読む

鳥屋待沢ミニ周回

久しくブログ更新がなく山歩きも忘れてしまったミックスナッツさんを誘い、丹沢復帰のきっかけになってもらえればと鳥屋待沢を歩いてみました。幕岩から777mピークにあがり宝尾根を下るショートコースですが、鳥屋待沢を楽しむには充分なルートです。                                                  ※トップは右俣F2 谷太郎林道[7:10]…権…

続きを読む

円山木沢で滝と遊ぶ

この迫力は、円山木沢 上の大滝です。 癒し系のゆるい沢もいいけれど、たまには歩きがいのある沢で遊ばないと感覚忘れちゃうよということで、今回のはっぴーコラボは滝連発の円山木沢です。このところの雨続きで水量もあり沢は活き活き、シャワーはちょっとつらかったけど、楽しめた沢歩きでした。 松茸山登山口[7:09]…早戸川林道…魚止橋[9:04]…伝道[9:22]…円山木沢出合[9:30]…円山…

続きを読む

サガミジョウロウホトトギス 2015

9月5日、藤熊川タライ小屋沢水系の某沢と水無川水系の某沢、ふたつの花園を訪れました。 開花時季は一週間程度、限られた場所にしか自生しない希少種ゆえに訪れるタイミングも制限されます。少し早目とは思いましたが天気とのかねあいもあり開花状況を確認してきました。 札掛[7:46]…境沢林道…某沢A…行者岳[11:03]…某沢B…新大日[13:20]…札掛[15:27] 固いつぼみも多く、見…

続きを読む

地獄棚チャレンジ

地獄棚をみつめる頼もしいardbegさんのうしろ姿です。 観るだけ~だったはずの地獄棚、身のほど知らずと思い封印していた左岸の巻き登りですが、きょうの相棒がardbegさんとあっては自然の成り行きだったのかもしれません。噂どおりのシビれる登りでしたが、それゆえ落ち口に立ったときの感激もひとしお、思わず二人でハイタッチでした。 箒杉下県道に駐車[7:02]…大滝橋[7:10]…登山道……

続きを読む

小洞沢F1チャレンジ

水流が細く、写真うつりもイマイチなので迫力は伝わりませんが、落差25mの小洞沢F1です。神ノ川林道からも右岸の山肌に遠望できる棚なので、何気なく目にしている人も多いはずです。でも訪れる人はまれで、レアな沢屋か物好きがたまにいるぐらいでしょう。むかし一度だけ訪れたことがあるのですが、F1が越えられずにその先は未知の領域のままです。きょうはardbegさんを誘い、難関のF1突破にチャレンジしたあ…

続きを読む

世附の西沢再訪

今回も「癒し系で~ナメがキレイで~危なくない沢で~詰めのヤブコギもなくて~ヒルがいない沢」という、はっぴーさんの判断基準を満たした世附の西沢です。こんな理想の沢がそうそうあるわけではありませんが、どうやら“ヒルがいない沢”というのが絶対必要条件のようです。 山伏トンネル西側[7:30]…大棚ノ頭[8:10]…水ノ木分岐[8:28]…西丸鞍部[8:50]…山伏歩道[9:20]…ビリ沢左岸…

続きを読む

世附二ノ沢で納涼散歩

あまり評価のない沢ですが、のんびり沢歩きを満喫したい方にはお薦めの沢です。 本格的な沢登りを楽しみたい方にはちょっと物足りない沢だと思いますのでご遠慮ください。 明神峠[7:03]…静岡県境尾根…湯船山[8:12]…土沢歩道[8:57]…入道棚[9:02]…水ノ木幹線林道[10:08]…二ノ沢橋[10:38]…二ノ沢…巡視路横断地点[12:49]…一ノ沢横断[13:13]…明神歩道……

続きを読む