イガイガの丹沢放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 水ノ尻沢

<<   作成日時 : 2016/11/06 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


日曜日、家にいたってうだうだして終わってしまうのが関の山、天気はいいし、だったら山にでも行って発散したほうが健康的と近場の水ノ尻沢へ。
そういえばこの沢、最後まで歩いたことなかったな。

煤ケ谷 平成の森[6:45]…水ノ尻沢…三段の滝[7:45]…後八丁[9:50]…三峰山登山道…三峰山[11:07/11:15]…七沢山[11:30]…777m峰[12:04]…鳥屋待沢[13:06]…権現橋[13:18]…谷太郎林道…平成の森[13:34]


七沢方面から煤ヶ谷にむかって車を走らせ、尾崎の交差点を左に曲がったら「あれ?ないぞ」
あるべきセブンイレブンがそこにないのだ。
看板は下ろされ敷地は鉄パイプで囲まれ店じまい、ここを待ち合わせ場所にしていたのか、バイクのあんちゃんたちが手持無沙汰に道端でたむろしていた。
ここ数年、沿線には新たなセブンや対抗するコンビニができたので影響したのだろうか。
老舗のセブンだったのでなんか寂しいね。

清川村役場をすぎ、谷太郎林道に入って、水の尻沢橋の手前から民家の間の狭い坂道を登っていく。
なんとなく他人んちに入っていくみたいで抵抗があるが、抜けた奥には「煤ヶ谷 平成の森」と彫られた石碑と東屋のある広場があり、車はそこに置いて出発する。
すぐ目の前の「水ノ尻沢2号ダム」とプレートのある、でっかい砂防ダムを左から越えたら沢に降りていく。
人里近くの沢なので、なんとなく雑然としていて汚らしい感じは否めない。夏場の全盛シーズンならヤマビルの巣窟だろう。ヤツらの最盛期はすぎたとはいえ煤ヶ谷エリアは油断禁物、気温が上がれば元気を取りもどし襲ってくるかもしれないと思い、一応足元は固めてきた。

沢の中を歩こうと思ったがヤブっぽく、堰堤があるので左岸に上がり径路をたどっていく。
岩盤を利用した古い堰堤や大石を積み上げた石積堰堤を左下に見捨て、径路を行くと滝の流れがあった。

画像画像

これがF1になるのかな、大岩を二条に伝い落ちる4mの滝
画像

天然の堰堤風2m
画像

ナメ
画像

丹沢名物倒木地獄
画像

そして核心三段の滝、下から4m+6m+6mといったところだろうか。
画像

画像左手を見るとトラロープがあった。滝身に近い方に一本と、少し離れて大きく回り込むように巻いていく長いロープが一本ある。近い方はヌルヌルの岩場をトラバースして2段目の上に立つようなのでやめ、安全策と思われる長いロープの方に取り付いた。滑るトラロープにコブがあるのはストッパーになって登りやすい。おかげで上からのロープが経由している立木まではラクに登れた。だが、その先はザレ斜面をトラバース気味に横切るのでけっこうイヤラシイ。ロープをつかんでいても滑りだしたら支えきれずにそのままズリ落ちてしまいそうだ。斜面を蹴り込みながら足場を確保して慎重に横断していく。そこをすぎればあとは問題なし、落口の右岸に降りることができた。三段滝の上には、まだ新しい焚火の跡。この界隈も鉄砲撃ちが入っているのかな?
画像

そして、こんなところや…
画像

こんなところ越えていくと…
画像

こんなところへ…
落差8m、吐き出されたガレが積もっていなければもう少し高そうだ。
画像

細い水流沿いを登って突破するのも可能なように見える。
でも、黒光りのコケが滑りそうだ。
左手から落ち込んでくるスベリ台のようなルンゼを登って、途中で右に逃げれば抜けられそうにも見える。
なるべく危険はおかしたくないので、どうやって越えようか確認しようと滝下まで近づいてみると・・・

あっちゃ〜、やなものみつけちゃった
画像

ノースフェイスのザックに携帯用の傘、すぐそばにはシャツまで落ちている。
これで牛丼のカップでもあったらどうしよう

幸いなのかどうかはわからないが、周りを見てもそれらしいものはないので、ほっと胸をなでおろす。
でも、なんで一般人は入らないこんな沢の奥にザックが落ちているの?
わざわざ不法投棄にくるヤツはいないだろうし、ハイキングコースはずっと上でまだ遠い。
誤って落としたとしてもこここまではこないだろう。どうしてこんなところに?

まっ、深く考えるのはやめよう。それより現状をどうやって切り抜けるかを考えねば。
左に斜上するルンゼは少し登ってみたが見た目よりも難しい。
水線沿いはやっぱり滑りそうだし、さあどうしよう困ったぞ。
周りはどこも急、こんな時は山仕事用の杭やテープが頼りになる。
右手の窪の斜面にピンクテープがあった。
ここは無理だと思っていたところだが、よくよくみればなんとかなりそう。
20mほど登ってみるとちゃんとトラバースできるバンドがあり、
滝の上まで続いていて無事に降りることができた。

ここでだいぶ時間を食ってしまったが、たかが標高750mの稜線に詰め上げるだけの沢なので慌てることはない。
そして水ノ尻沢のラストは水の流れの無いゴルジュというのか涸棚の連続というのか、とにかく狭く圧迫感十分の岩溝の間を登っていく。

画像画像

岩登りの技量の無い自分でも、落石にさえ気をつければ快適に登っていけるので楽しい。
さすがに最後のザレは少し手を焼くが、三峰山へのハイキングコース後八丁(うしろはっちょう)のあたりにたどりついた。

沢から上がれば雲ひとつない良い天気だ。なのに調子があがらず体調はイマイチ、このまま八丁径路をくだって帰ろうかとも考えたが、それではあまりに軌跡が貧弱だ。せっかくなのでもう少し踏ん張り、三峰山を経由して戻ることにした。

 三峰山登山道から、はるか三ツ峰山稜を観る
画像

煤ヶ谷側の登山道から三峰山に登るのっていついらいだろう?下りでは歩いているが登るのは久しぶりだ。
惣久山への登りはけっこう辛い、登り切ってからの岩場のアップダウンもけっこうヒーヒーものだ。
狭い本峰山頂では息を整えただけですぐさま下山にとりかかる。
そして七沢山からは勝手知ったる宝尾根ルートだ。
登り返しは777峰へのちょっとだけ、まだ色づいていない尾根筋を樹木の観察しながらくだっていく。
そして本日は、最後の部分をちょっとアレンジして鳥屋待沢右岸に続く仕事道をたどってみた。
九十九折りの径路が植林の中に続き、鳥屋待沢の右岸へ下りていく。
左岸に渡れば径路があり出合の権現橋まではすぐ。あとは谷太郎林道を歩いて車が待っている平成の森に戻るだけである。

水ノ尻沢、前半は少しかったるいけど三段の滝からは楽しめる。ただしヒルがいない時季ならね。
きょうはヤツらが好きそうなところをずいぶん歩いたが、靴にもズボンにも不法侵入したヤツはいなかった。
これで来春までは安全宣言してもよいようです。

2016.11.6(日)

《今回のルート図》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イ師匠お疲れ様です
この間話をしたばかりで見つけちゃいましたか、どんぶりが転がってなかったのは幸いですね
ardbeg
2016/11/09 20:58
この前、こんな話をしてたばかりなので呼ばれたかな・・・
これで不審なザックを見つけたのは3個目、どんぶりは見てないけど気持ちのイイもんじゃないね。
イガイガ
2016/11/09 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
水ノ尻沢 イガイガの丹沢放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる