イガイガの丹沢放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS キュウハ沢のプロペラ探訪

<<   作成日時 : 2017/03/20 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像

戦中、戦後“魔の空域”といわれた丹沢山塊、なかでも蛭ヶ岳や丹沢山の周辺には日米を問わず幾多の軍用飛行機が眠っているようだ。キュウハ沢に眠るエンジンは有名だが、その上流域の一角にプロペラが落ちているという情報を聞きつけ、急きょM氏とardbegさん、nenetaさんの4人で探訪することになった。

塩水橋[7:00]…本谷林道…キュウハ沢[7:59]…エンジン慰霊碑[8:17]…中流域の埋没エンジン捜索[8:55/10:05]…主脚[11:07]…プロペラ探索…天王寺尾根[13:00]…キュウハ沢左岸径路…キュウハ沢出合[13:53]…本谷林道…塩水橋[14:50]

この3連休、どこに行こうか悩んでいたところ「キュウハ沢にプロペラがあるらしい」のスクランブルメールがきた。もちろん即決でOK。緊急招集の4人で探すことになった。
ということで、キュウハ沢に眠る戦闘機の遺物をたどりながら、なるべく濡れず、できれば登らずの軟行精神で訪れることになった。

ご存知キュウハ沢下流のエンジン慰霊碑。
こんな奥地にもかかわらず訪れる人も増えたようで、山好きが慰霊、鎮魂の気持ちで訪ねてくれるのなら文句はないのだが、昨今、エンジンの一部を切り取り持ち帰った不届き者がいるようだ。言語道断である。
画像

大滝先にある、この滝が見えるこの辺りの足元付近に埋もれたエンジン(写真)があるはず。
昨年、M氏と掘り起こし作戦を行ったが水量が多く失敗。
今度こそ掘り出そうと、いい歳したおっさん三人で夢中になって沢床をほじくり返したが、人力には限度があり、
結局今回も徒労に終わってしまった。残念無念。
画像

以前ブログで紹介したことのある飛行機の主脚。
崩壊地の下なのでいずれガレに埋もれてしまいそうだ。
画像

4人8目、それぞれ広がって広い尾根を探していると、M氏から「あったぞー」の声。
画像

場所が場所だけに、持っていこうなんて輩はいないとは思うけど、
切断されたりイタズラ書きされたりしても困るので、詳細な場所は明かさないことにする。
画像

画像《プロペラに書かれてある文字》

DWG.NO.6507A-0
SER.NO.RR07986
MIN.24
MAX.93


日本の文字がないので米軍機のものではないだろうか。
シリアルナンバーから機種が特定できそうだが、米軍機じゃねぇ…
画像※追記 某氏より「グラマンF6Fヘルキャット」
では?のご指摘戴きました。


nenetaさんに立ってもらい大きさ比較、ブレイド一枚の長さは180cm。

このあと、ほかに落ちているものがないか
周辺を探索してみたが何もみつからずだった。

本日のミッションは無事達成できたので、少々尻切れトンボですが今回はこれにて終了。



今までいろいろなものを探したり訪ねたりして記事にしてきた。
かつての鉱山跡だったり、旧径路や廃道だったり、はたまた戦闘機の残骸や小屋跡、石仏や祠などなど、幻の滝を求めて歩き回ったり、古木巨木の探訪だったり、エトセトラ…
勝手気ままに丹沢を歩き、好き勝手にブログ記事にしてきたが、最近これでいいのだろうかと考えることが多い。自分が記事にしたあとあらためて訪れてみたら荒らされていたり、道すがらマーキングがベタベタだったり 要らぬ名板があったり、ましてやそのことで遭難騒ぎがあったりしたらいい気持ちはしない。
そろそろお役目ご免で、一息いれようかななんて考えている今日この頃であります。


 2017.3.20(月)

《今回のルート図》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
イガイガさん、ペラ探索お疲れ様です。

私も最近のある沢記録で見て「ペラ写ってる!」いずれと思ってましたが早速いかれたんですね・・・
お正月&今回のつぶやき、個人のお考えにどうこうつっこめませんが、ここに一人楽しみにしているのがおりますので散策でも番外へんでも良いので時々UPしていただけたら嬉しいです。
utayan
2017/03/25 08:17
うたやん、ハゲ増しに励ましのお言葉、ありがとうございます(笑)

体力が続かないのでとか、老け込んだから、なんて理由で山歩きを辞めようとは思っておりませんが、4月以降はいくぶん、山遊びの回数が減るかもしれません。
とはいえ、好奇心だけは人一倍旺盛です。くすぐられる課題がみつかったらジッとしていられないのは明らか、そんな話題があったらぜひぜひ教えてくださいね。
イガイガ
2017/03/25 14:53
おー!増してますか?私の頂は薄くなる一方のようですが。

早速ですが「丹沢3大がっかり」のうちオオユナラノ沢の柱状節理以外の2つをご存じであれば教えてください。がっかりめぐりもおつなもんだと申します・・・
utayan
2017/03/27 21:51
うたやん、感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが、ようするに期待に胸を膨らませて行っては見たものの「な〜んだ」ってやつですね。
いっぱいありすぎですが、訪ねる過程を楽しんでいるので、結果“ガッカリ”でも気にしません。
それでは応えにならないので一つだけ挙げると、大げさな記事にしてしまい反省しているコレかな…
http://igaiga-50arashi.at.webry.info/201109/article_5.html
あとはぜひ、ご自分なりの「3大がっかり」探しを楽しんでみてください。

ちなみに、丹沢から外れますが、この柱状節理はがっかりしませんよ。
http://igaiga-50arashi.at.webry.info/201403/article_2.html
イガイガ
2017/03/28 07:53
頂の方はスルーですね。なので私のは森林限界と付け加えておきます。

丁寧にお返事くださりありがとうございます。両方とも呼んだ記憶があります。さらについ先日「謎の池」は歩いているはずなのに気づきませんでした!晴天続きで干上がった?いずれ再訪してみたいと思います。奥湯河原も丹沢一休みのときに行ってみます!
utayan
2017/03/28 18:22
あっ、そっち。
頂の方はとっくにツルー、森林限界は越えハイマツも生えません。

イガイガ
2017/03/28 20:03
イガイガさん、サイコーです!
笑って眠りにつけます。
utayan
2017/03/28 21:19
おやすみなさい
イガイガ
2017/03/28 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
キュウハ沢のプロペラ探訪 イガイガの丹沢放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる