ヒワタ沢のゴルジュ

画像

トップの写真は、ヒワタ沢ゴルジュの最上段に水を落とす幅広の12m棚。扇ノ滝なんて呼び名もある美滝だが、間近に観るには、ゴルジュを突破しないと望めない棚である。
そして、本日のコラボメンバーは、AYさん、ardbegさん、nenetaさん、それにイガイガのデンジャラス・カルテット。よく言えば個性豊かな4人組なのだが、言い換えれば極悪4人集団、果たして、どんな結末になることやら…

日陰沢橋[7:12]…神ノ川林道…ヒワタ沢F1[8:33]…ゴルジュに取り付く[8:40]…F3[9:45]…右岸高巻き…扇ノ滝[10:14]…扇ノ滝落口[10:40/11:00]…1130m二俣[12:04/12:23]…ガラ場脱出にもがく三人を救出[13:30]…檜洞丸北西稜[13:44]…小笄[14:28]…コリバラモ沢(梱棘擬沢)左岸尾根下降…富士見橋[15:10]…犬越路トンネル…下駄沢右岸尾根[15:40]…日陰沢橋ゲート[16:00]

画像日陰沢橋から神ノ川林道を歩くこと一時間、
神ノ川のランドマークである、
白いアーチ橋のヒワタ橋から見上げるヒワタ沢。

ここから沢に入ることも可能だが、
上部を通る神ノ川林道までの間は、
堰堤が連続するだけで、あまりおもしろくない。
この先のヘアピンで折り返す林道が、
ふたたびヒワタ沢を横切る地点まで歩いて、
そこから入渓するのが一般的である。

上の橋まで行ったら、
まずはゴルジュ最初の棚となるF1を見物したい。
F1は、林道に架かる橋の真下にあるため、
上から覗きこむだけでつい納得してしまいがち、
ここは億劫がらず、
橋の下まで降りて眺めたいところだ。


橋の手前からザレ場をくだって沢に降りると、
橋の下は両岸迫るゴルジュになっている。
そして、手を広げれば届きそうな狭い岩壁の奥に、
瀑音をとどろかせ流れ落ちるF1の姿を観ることができる。

画像
もちろんここは観るだけ。
画像

林道に戻り、橋の上からF1に続くゴルジュの連瀑を観る。
写真で難しさは伝わらないが、逃げだしたくなるほど厳しい眺めだ。

画像

そんな思いも、ひとたびスイッチが入れば、ワクワク、ゾクゾクに変わる。
橋の右手から取り付き、斜面の踏跡を追って登っていく。
しかし、踏跡がはっきりしているのは最初だけ、だんだんと曖昧になって消えていく。
どこかに沢まで下降できそうなルートがないか探してみるが、
安全に降りられそうなところが見当たらない。
何ヵ所か下降を試みているうち、ようやく以前の突破ルートを思い出した。
沢まで30mぐらいのところを、ロープをだして確保しながら岩場をトラバース、
しくじったら谷底にドボンだ。
何とかギリギリの渡りで岩壁の上に立ち、
最後は、左岸のザレ窪を15mほど伝い降りてF3前のテラスに下降した。

1時間以上経過したのに、まだこんなとこ…画像画像

沢に降りたまではいいが、深いV字谷の極狭ゴルジュ、
先には手のつけようのない棚が連続している。

画像

この先の棚を間近で観られないのはもったいないが、危険をさけて右岸の斜上するルンゼに取り付き
40mほど登ったところからトラバース気味に高巻いて、さきほど奥に見えていた二段棚の上に降り、
沢に戻った。

二段20m棚の落口から覗きこむ。橋はまだすぐそこ。
画像

そして背後には、ゴルジュの最後を彩る扇ノ滝(=トップ画像)
幅広に水を落とす扇状の美滝である。
下から眺めると、落差は10mそこそこだが、落口が丸みをおびているので実際の落差はもっと高い。

右岸を巻きながら撮った一枚。
画像

ようやくゴルジュ帯を抜け出し、扇ノ滝の落口でホッと一息。
だが、ここから稜線までは、まだ600m以上もある。
そのうえ、ここからのヒワタ沢はガレに埋もれた単調な沢に変わり、忍耐の登りが続きそうだ。

画像

ゴルジュ以降、唯一、滝っぽい流れは5mのこの一本ぐらいかな…
画像

1130m二俣。
檜洞丸に詰め上がるのなら左だが如何せん水の流れがない。
右はトイ状の流れがあり、本日はこちらを詰めることに決定。
ただし、源頭近くの崩壊地マークが気になるところだ。

画像

ヒワタ沢の真骨頂、ガレだらけの崩壊地の真っ只中といった様相になってきた。
左岸は、ガレの製造現場のような大きくえぐれた崩壊崖だ。

画像

最後の湧水をすぎたところで、無茶せず、右岸の安全な尾根に上がったイガイガの制止も聞かずに、
そのまんま崩壊の沢筋を行っちゃった三人…
お~い、そっちは地獄行きの崩壊地だぞ~

画像

案の定、行く手を崩壊崖に阻まれ、半遭難状態になった三人。
下からは行けそうに見えているのかもしれないけど、この先はボロボロのガラ場で極悪地帯。
これ以上進むのは無謀なので三人を説得、崩壊のヘリに回り込んで上からロープを出し救出した。
とにかく、無事でなにより、よかった、よかった。

画像

檜洞丸北西稜の登山道に上がって、ハイお疲れさま。
 この辺りに遭難碑が立ったかも…
画像

画像地獄へ続く崩壊地から、天国の道のような登山道に上がったところで、車を置いてきた日陰沢橋まで、下山ルートをどうするかをみんなで合議。
檜洞丸北西稜を小笄までいき、西に続くコリバラモ沢左岸尾根を下って犬越路トンネルをくぐり、神ノ川林道を西に移動して日陰沢橋ゲートにピッタリ降り着くルートをたどることになった。

小笄からコリバラモ沢左岸の下り始めは、ガレ混じりの急斜面で、足元に気を付けながら灌木をつかんで降りていく。急だった傾斜がいったんゆるんで落ち着いくと、雰囲気のよい尾根に変わった。
後半は、ヤセた尾根になりまた少し急になるが歩くのには問題ない。このまま林道まで降りられるかと思っていたら、尾根の末端は崖。オマケに金網で覆われていて降りられない。
ここは、少し手前の緩斜面をコリバラモ沢に下降、犬越路トンネルの南側の富士見橋の袂で林道に上がった。

犬越路トンネルをくぐり、神ノ川を少し西に歩いてからガードレールをまたぎ、植林斜面を日陰沢橋のゲートまで一気にくだっていく。上の林道から下の林道まで、わずか20分で降りてこられる、時短ルートである。
前半のゴルジュ通過に時間がかかり、もっと遅くなるかなと思っていたが、意外と早く帰ってくることができた。

それにしても、きょうもシビれる山遊びでした。
楽しく遊んで無事に帰る。
「どこまでも登れると思うな崩壊地」ってことでヨロシク。

 2019.4.21(日)

《今回のルート図》

この記事へのコメント

  • イガイガ

    【業務連絡】
    ネネちゃん、ヒワタ沢に取り付いたのは右岸じゃなくて左岸だよ。
    2019年04月26日 21:21
  • neneta

    イガイガさま、お疲れ様でした。
    ご指摘ありがとうございます。よく間違えます💦

    崩壊地からの救出ありがとうございました。
    またシビれる山遊びを、よろしくお願いいたします。
    またシビれる山遊びを、よろしくお願いします!

    2019年04月27日 00:11