小西沢

100_0212.jpg

午後から雨になるという予報なので早帰りと決め短い沢を一本、西丹沢ビジターセンターからほど近いマイナーどころの小西沢へいってみた。たぶん、西沢のすぐ隣の下流にある小さな沢なので付いた名なのだろう、一般にはほとんど知名度のない沢である。

西丹沢ビジターセンター裏の吊橋脇から河内川に降り、100mほど下流にいくと右岸から小西沢が出合う。出合から水はチョロチョロで少しがっかりだが、塩ビの取水パイプがあり、すぐ横にある奥箒沢山の家の水場になっているようだ。なら少しは期待できるかなと、50mほど奥の堰堤を右から越え、さらにもうひとつ堰堤を越えていくと左岸から水音が聞こえてきた。のぞいてみると落差20mほどの棚が岩肌を伝って水を落としていてそそられる。どうやらこちらが右俣らしいが楽しみはあとにして、まずは左俣を遡行してから戻り、あらためて探訪してみようと思う。

左俣はゆるい流れのナメ床がつづく
100_0227.jpg
100_0233.jpg

登りきるとすぐに水は涸れた
100_0235.jpg

まるで切り込みのような狭いゴルジュの中を登っていく
100_0240.jpg

途中に引っかかっている“豆腐岩” 勝手に命名
100_0244.jpg

この谷間は違う岩質がぶつかり合う境目のようだ
100_0243.jpg

風化したボロボロのルンゼを搔き登る
100_0245.jpg

左俣はここまでにして、登りついた鞍部から右岸尾根の708mピークを経由してくだり、二つ目の堰堤の上に降り立った

100_0248.jpg

降りたところは、さきほどスルーした右俣の前、20m棚を近くで見物
100_0260.jpg

登れないので左岸から巻いて落口へ下降
100_0261.jpg

この先、小棚を二つ越えると早くも壁のようなどん詰まりになり沢形がなくなった。
地形図をみると沢はまだ続いているようだがこれ以上は無理することなく、きょうはここまでとした。

100_0268.jpg

もちろん、引き返せば出合まですぐだが少し歩き足りない。右俣と左俣との中間尾根を権現山の北東尾根まで登り、無駄な大回りと知りつつ、ビジターセンターに戻ることにした。
沢歩きには物足りなく、ごくごく短い8の字周回だったが、左俣ルンゼ登りの緊張感、滝好きなら一度はみておきたい右俣20m棚、それなりに楽しむことができた小西沢だった。

  2020.10.7(水)

この記事へのコメント